アミノ酸シャンプー 効果

アミノ酸シャンプーの効果とデメリット

最近はサロンだけではなく自宅でもアミノ酸シャンプーを使っている方が急増しています。

 

その人気になっているのはもちろん頭皮に負担をかけない低刺激だと思います。

 

他のシャンプー剤と違い圧倒的に髪や頭皮に優しいのが特徴で敏感肌をお持ちの方やアトピー、抜け毛などに悩む方に大きく支持を受けています。

 

ではそもそもアミノ酸というものはどういうものなのか?

よくアミノ酸を配合された商品が世の中に多く存在します。
アミノ酸は私たちの体にあるタンパク質の部品となったり、神経伝達物質になったりする生活していくには無くてはならない成分です。
タンパク質は、約20種類のアミノ酸分子が数十個以上結合したものでその内、半数は体内では合成できません。
これを必須アミノ酸と呼んでいます。

 

必須アミノ酸は体外から摂る必要があります。
簡単に言えばアミノ酸とは生活していくには欠かせない成分と言えるでしょう。
これをシャンプーに配合したものがアミノ酸シャンプーと言います。

 

ではその効果とは??

まず頭皮の汚れや無駄な皮脂を取り除くことです。
髪の毛を洗うのはもちろんのこと頭皮の汚れなどもしっかり落とすことが大切です。
またアミノ酸シャンプーは頭皮についた皮脂もほどよく落とします。
皮脂は保湿性がありますので全ておとしてはいけません。
低刺激で髪を洗うので頭皮がヒリヒリしません。

 

またアミノ酸が髪へ浸透し、ある程度髪を修復する効果もあります。
その点でパサついた髪を太く長くする効果があります。

 

一方、アミノ酸シャンプーはデメリットも存在します。

他のシャンプーとは違い洗浄力が弱いなので一回の洗髪では頭皮の汚れや無駄な皮脂を落としきれない場合があります。
また整髪料なども落ちにくいので二度洗髪する必要があります。
その他には保湿性が高くなり髪が重たくなり勝ちで髪の毛のボリュームを出しにくい点があります。
また原料の価格が高めのため、商品値段も少し高めです。

 

 

このようにメリットもあればデメリットもあります。
と言ってもアミノ酸が配合されていますので肌には優しいと言えます。
はじめてアミノ酸シャンプーを始めようと思っているならまず自分に合うものを選びたいものです。
種類も豊富で配合されている成分も大きく違うからです。

 

現在、アミノ酸はシャンプー以外にもいろんなところに応用されています。
皆さんも是非アミノ酸で日々健康で美しい生活を送ってみてください。

 

アミノ酸シャンプーの特徴

一口にシャンプーと言っても、洗浄剤として含まれている成分は様々です。
そしてその成分によって、それぞれに特徴が異なります。

 

アルカリ性など合成界面活性剤とアミノ酸の特徴

アルカリ性の石けんが洗浄剤として使用されているシャンプーは、非常に洗浄力が強いです。
また高級アルコールを原料としている合成界面活性剤を主成分としたシャンプーは、洗浄力は強く、けれどアルカリ性シャンプーの難点であった洗い上がりの髪のきしみも解決できるシャンプーです。
これらは、特に合成界面活性剤が主成分のシャンプーは、広く使用されています。
ただしその洗浄力の強さ故、頭皮が弱い人、頭皮にかぶれなどが発生している人、また敏感肌の人などには使い辛いと言う難点があります。
また合成界面活性剤は、頭皮にとってはあまり良くないとも言われていることから、頭皮の健康、髪の健康を気遣っている人にとっては、やはり使いにくいシャンプーと言えます。

 

↓↓↓


これらの点をクリアしているのがアミノ酸シャンプー

 

これは洗浄成分としてアミノ酸を主成分に使用しているシャンプーで、その特徴は以下の通りです。
まず、非常に低刺激で、かつ洗浄力も強過ぎないと言う点です。
また保湿性があるため、頭皮や髪の潤いを守ることができると言う点です。
これは、アミノ酸が人間の肌や毛髪と同じ弱酸性だからです。
そのため皮脂を落とし過ぎることなく、汚れだけを落とすことが可能です。
頭皮や髪に対しても非常にやさしい仕上がりとなりますから、頭皮が弱い人、敏感肌の人なども安心して使用することができます。

 

また薄毛や脱毛などで悩んでいる人にとっても、アミノ酸シャンプーの低刺激は、その解決に効果あることだと言われています。
それからシャンプー後の髪のパサつきに悩んでいる人にとっても、メリットの多いシャンプーだと言えます。
これもやはり、アミノ酸が弱酸性であること、そしてそれが同じ性質を持つ髪を補修するためです。
こうした利点を活かして、たとえば髪を染めている方などは、そのことによって髪のパサつきが酷い時だけアミノ酸シャンプーを使うと言うのもひとつの方法です。

 

ただし、石けん系のシャンプー、合成界面活性剤が主成分のシャンプーに比べると洗浄力が弱いと言うことは、皮脂が過剰な方、あるいは整髪剤などを使用されている方にとっては、少々、洗い上がりが物足りないものになると言えます。

 

ただこれも、洗髪前のブラッシングをじゅうぶんに行う、あるいは2度洗いをすることで解決できます。


頭皮や髪にとって低刺激と言う特徴を持つアミノ酸シャンプーは、毎日使い続けるものだからこそ、長い目で見れば非常にメリットの多いものと言えます。